初めてオーディションを受ける人が心得ておくべきこととは

笑顔の青年

オーディションで書類審査に通過するためにコツ

アイドル風の衣装

世の中には、アイドルや役者を目指して自分磨きをしながらオーディションを受け続ける人もたくさんいます。芸能界などの華やかな世界で活躍できる人は一握りです。オーディションサイトを利用して応募する数多くのライバルに打ち勝ってオーディションに合格するためには、他の人と同じことをしていては意味がありません。

オーディションは書類選考、本審査という流れになります。そのため、まずは書類選考に通過することが大前提です。とはいえ、履歴書は自分以外にも全国から何百、何千と送られてくるため、その中で審査員の目に留まるようにするのは簡単なことではありません。そこで重要となるのがインパクトです。審査員ごとに若干の違いはありますが、大半が写真を見てから内容を確認する形になるので、まずは写真で興味を引かせることが大切です。興味を引かせると言っても奇抜なファッションやメイクはマイナスの印象を与えてしまうので、清潔感を意識すること基本に、角度や顔の表情で個性を出すことがポイントになります。

自己PRも同様に、ありきたりな夢や目標を書くのではなく、相手に面白いと思わせて、実際に会って話を聞いてみたいと思わせるような内容を意識することが重要です。

オーディションを受ける時で意識すべきポイント

オーディションサイトを利用して芸能関係のオーディションを受ける人の数は、年間で何百人にも上ると言われています。しかし、そんな数多くの応募者の中でも夢を叶えられるのは一握りです。ライバルに打ち勝ってオーディションに合格するには、しっかりとポイントを押さえておくことが大切です。

いくつかあるポイントで、特に重要となるのは第一印象です。人との関係でも同じことが言えますが、最初に出会った時の印象は、その後の付き合いに大きく影響を及ぼします。特にアイドルや役者など芸能界で活躍をする場合、視聴者を始めとした見る側に良い印象を持たれなくてはいけません。オーディションではこの点を重視されるので注意が必要です。とはいえ、人が抱く印象は個人の感性で異なるため、必ずしもこれをすれば正解というのはありません。ファッションを始めとした身だしなみ、挨拶など基本的な部分をしっかりと抑えて、その場の雰囲気に合わせて対応していくことが大事です。

オーディションでは、自分をアピールすることも忘れてはいけません。受ける人の中には、印象を悪くしないために余計な発言を控える人もいます。出しゃばり過ぎるのはNGですが、自己アピールをしなければ相手に自分のことを知ってもらうことはできないので、必要最低限のことは伝えることも必要です。

俳優や女優を目指すならオーディションの種類と特徴を理解する

オーディションは、俳優や女優、歌手やタレント等を目指す人の為の試験です。オーディンションは、一般的に非公開で行われますが、近年ではオーディションをショーとして行われるケースも増えつつあります。これらのオーディションは非常に多くの種類があり、自分が探すオーディションを見つける為には、オーディションサイトを利用する事がお薦めです。特に、テレビや映画等で活躍する俳優や女優を目指す人は、俳優オーディションに自ら応募してみましょう。俳優や女優を目指すオーディションには2つの方法があります。1つは、芸能事務所が行うオーディションで、有名俳優や女優が所属する芸能事務所に所属する事を目的としたオーディションです。オーディションに合格する事で、芸能事務所に所属しながら演技の勉強を行い、芸能事務所に依頼が来たドラマや映画への出演や、CM等への出演のチャンスを待ちます。一方、作品毎のオーディションは、決められたドラマや映画等に出演する人に向けたオーディションで、オーディションに合格する事で、ドラマや映画への出演は勿論ですが、その後、CM出演等のチャンスを得る事も出来ます。また、作品毎のオーディションは、募集年齢の幅が広く高齢の方でも応募が可能なオーディションもあります。

未来の選択肢が広がるかも知れないオーディションに応募する時はぜひ、情報サイトの【ナロー】を活用してください。現在開催中のオーディションの情報が一覧表示されるので、とても使い勝手が良いです。